オンカジnetロゴ
ブラックジャックテーブル

ビデオスロット配当表

  • マイクロゲーミングロゴ
  • プレイテックロゴ
  • ネットエントロゴ
  • yggdrasilロゴ
  • ゴールデンヒーローロゴ
  • PlaynGoロゴ
  • Pragmatic playロゴ

ブラックジャックの遊び方&用語解説
【オンラインンカジノゲーム】

概 要

ブラックジャックはカードの数字の合計が21を超えない範囲で、より21に近づけるゲームです。

カードの2~10ではその数字通りで絵札は10と数えます。Aは手持ちカードの合計が21を超えない範囲は11と数え、超える場合は1として数えます。

ゲームの進行(ルール)

ディーラーと1対1で対決するゲームです。 勝敗はお互いに配られる手札が21(カードの数字の合計)に近い方が勝ちになります。

まず「Bet」で賭ける金額を決定します。すると、プレイヤー側とディーラー側に2枚ずつのカードが配られ、現在の合計が表示されます。ディーラー側は1枚が 伏せられており、合計はわかりません。プレイヤーは次にどうするかを「HIT」「STAND」「SPRIT」の中から選びます。

「HIT」

もう1枚のカードを引き、現在の合計にカードの数字を足します。

21を超えない限り、何度でも「HIT」することができますが、21を超えると「BURST」となり、プレイヤー側の敗北となります。

「STAND」

現在の合計の数字で勝負します。

先手のプレイヤーが『スタンド』するとディーラーのターンに替わります。

「DOUBLE」

「BET」と同額を追加してもう1枚だけカードを引き、3枚の合計で勝負します。もちろん21を超えると「BURST」となり、プレイヤー側の敗北となります。

「SPLIT」

配られた2枚のカードが同じ数字の場合、「Bet」と同額のメダルを追加することで、それを2つに分けてプレイすることができます。 絵札(J、Q、K)は全て10と見なします。Aの場合は、それぞれ追加で1枚しか「HIT」することができません。

プレイヤー側のカードの合計が確定すると、ディーラー側が数字を確定させます。最初に配られた2枚の合計が17以上の場合、ディーラーはその数字で勝負します。

16以下の場合、ディーラー側は17以上になるまでカードを引かなければなりません。ディーラー側のカード合計が17以上になった時点で、ディーラーはカードを引くことをやめ、 その数字で勝負します。

プレイヤーが所入りした場合の配当は2倍、ブラックジャック(Aと10の組み合わせ)で勝利した場合、2.5倍の配当になります。

実際の遊び方

ここでは具体的な遊び方の手順をご説明します。

ベットする賭け金額をスタック(画面左下)から選びクリックして場(下図の円の中)に置きます。 (ここでは、$1を賭けています)

画面下にある『ディール』をクリックしてゲームを開始します。(ディールボタン⇒ゲーム開始)

ベットしたときの画面

ディーラーから2枚のカードが配られます。
ディーラーもカードを2枚引き、下図の様になりました。
プレイヤーの手札の合計は7(3+4)です。
この時プレイヤーは、次の手を『ヒット』か『スタンド』のどちらにするか決めます。
手札の合計が7ということは、『ヒット』して3枚目のカードを受け取ったときに絵札(10)が 来たとしても合計が17なので『バースト』することはないと計算できます。 ここは当然『ヒット』を選択(クリック)しました。

ディーライーから2枚のカードが配られた画面

3枚目のカードが配られました。(10です。) 合計は17になりました。 ディーラーの持つ表向きのカードは6を持っているので、裏向きのカードが絵札だったとしても その合計は16です。 ということは、ディーラーは最低でもあと2枚のカードを引かなければならないため 『バースト』する確立が高くなります。

ここは、お互いの手札が17の引き分けとなるか、ディーラーが『バースト』することを狙うことにして、 最弱だけれど17で『スタンド』、を選択しました。

スタンド選択

プレイヤーが『スタンド』すると、ディーラーは裏向きだったカードをめくります。 ディーラーが持っていた裏向きのカードは『7』でした。 ディーラーの手札(合計)は13(6+7)です。 合計が17以下なので、ディーラーはもう1枚カードを引かなければなりません。 3枚目のカードを取りました。 絵札です!! 合計が23になり21を超えてしまった敵は『バースト』しました! 私の勝利です。賞金の2ドルをゲットしました。

ブラックジャック勝利画面

という感じで、戦術を駆使して戦う頭脳ゲームです。 上記でご説明した遊び方の手順には出てきませんでしたが、他にも 『スプリット、ダブル、インシュランス』などの戦術があるので 手札の状況に応じて仕掛けていきましょう。 ブラックジャックで使われる用語の意味については下記の『用語集』をご参照してください。

カード(数字)の読み方

カード(数字)の読み方説明画面

ブラックジャック役の一覧表

ブラックジャック最初に配られる2枚のカードがAと絵札のときがブラックジャック役になります。勝利した場合は賭金の2.5倍の賞金を獲得できます。
ヒット手札にカードを一枚追加します。
スタンドヒットをせずに、手持ちのカードの状態を留めること。(手札の状態を変化させずに勝負したいときに行う)
バースト手札の合計数字が21をオーバーすること(22以上になり負けが確定)
スプリット最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合に手札を2つに分けること。1枚ずつのカードに分かれるのでそれぞれのカードに2枚目のカードが配られます。
2箇所(2場所)での勝負を挑むことになるので初めに賭けた賭け金と同額を追加することになります。
ダブル3枚目のカードを引く前に賭金を倍にすること。(4枚目のカードを引くことができなくなります)
インシュランスディーラーに配られた1枚目のカードがA(エース)だった時に伏せられたもう一枚のカードが絵札だった場合にはブラックジャックが成立してしまいます。
プレイヤーはその想定されるリスクに対して、賭金の半額を支払うことで保険を掛けることが出来ます。もし、ディーラーがブラックジャックだった場合には最初の賭金は失いますが保険金の2倍の金額を受け取ることができます。(つまり、収支は±0となります)
※ディーラーがブラックジャックではなかった場合は、保険金は没収となります。

Copyright©オンラインカジノ遊び方/おすすめ9社
【Casino諸要素一覧表】
All Rights Reserved